青魚に含まれる栄養素

栄養補助剤

どんな栄養素なのか

皆さんは日頃から飲んでいるサプリはあるでしょうか。サプリは手軽に摂れない栄養素などが簡単に取れるので便利です。今は、様々なメーカーから多種多様なサプリが販売されており、迷うこともあるでしょう。栄養素でお勧めのサプリはDHAとEPAのものです。DHAとEPAは多価飽和脂肪酸と呼ばれる栄養素で様々な効果があります。まず、代表的なものは血液をサラサラにするという動脈硬化予防と高脂血症の改善です。その他にも血圧を下げる効果もあり身体にとても良い栄養素です。DHAと EPAはイワシやサバなどの青魚に多く含まれています。これが青魚は体に良いと言われる理由です。人間の体からは合成できないのでDHAとEPAは口にしないと栄養素を取り込めません。

効率のよい取り方

厚生労働省が決めたDHAとEPAの1日の摂取量の目標は1g(1,000mg)とされています。青魚で換算するとおよそ90gほどになります。しかし、国民の摂取量を平均すると70g程しか取れてないのが現状です。また、お刺身ではDHAとEPAを100%近くとることができますが、焼き物や煮物など他の調理法にすると80%から半分ほどにまで減ります。せっかく青魚を食べても効率の悪い取り方になってしまいます。そこで、サプリでDHAとEPAをとりましょう。サプリだと、青魚特有の臭みが苦手な方も問題なくとることができます。青魚を比較的食べる方も、毎日食べるのは難しいので、健康のためには試してみるのはいかがでしょうか。